医院名:あじき歯科医院 住所:千葉県習志野市実籾5-4-19 森商ビル2F 
電話番号:047-477-7059

症例・患者様の声

症例のご紹介1

◎ A様 80代 女性

【治療期間】
上顎:約4ヵ月(約10回の通院)
下顎:約3ヵ月(約10回の通院)

【治療費用】
上顎:約50万円
下顎:約20万円

【詳細】
こちらの方は、ご家族の紹介で通院されるようになりました。今まで使っていた入れ歯が審美的に優れず、大きく口を開けてしゃべりにくいということでした。診断の結果、入れ歯のピンク色(はぐき)の部分の設計が、お口に合っていなかった他、口腔内の変化に対応して、修理または新製が必要な状況でした。上の前歯は、土手の深いところまでピンクの床の部分を延ばすことができれば、審美的には良くなります。しかし、一般的な入れ歯では、土手の深いところまで入った場合に、痛みも感じますし、取り外しが難しくなるという課題があります。そこで、特殊な維持形態であるミラクルデンチャーを採用し全体の入れ歯の設計をし直し、新しく作り治すことになりました。最終的には、患者さんの満足のいくものとなり「これにして良かった。毎日楽しく食事ができて、おしゃべりもたくさんできるようになり、本当に嬉しいです。」とおっしゃって頂いています。

【経過の写真】

【患者様の喜びの声】

症例のご紹介2

◎ M様 60代 男性

【治療期間】
下顎:約3ヵ月(約10回の通院)

【治療費用】
下顎:約38万円

【詳細】
こちらの方は、当院に通院されている患者さんのご紹介でいらっしゃいました。
最初は、虫歯の治療で来院されていました。

奥歯のブリッジの部分が、歯周病でもたなくなったため、やむを得ず抜歯をして義歯の治療となりました。歯を抜いた直後は、保険診療の範囲でできる義歯で早急に機能回復を目指しました。抜歯をした部分も落ち着いてくると、さらにしっかりとしているが、小さく、見た目も義歯と分かりにくい入れ歯に変えていくことになりました。保険の義歯では、制約があるため、どうしても最低限の機能回復になってしまいます。使っているうちに、少しずつ違和感を持つようになったようです。

ご本人の希望としては、「もっと入れ心地が良く、丈夫でしっかりしているもの」でした。

そこで、数種類の入れ歯の中から、残した歯にとってダメージの少ない、ミラクルデンチャーを選択致しました。歯周病などで歯の動揺がある場合は、ミラクルデンチャーを選択するケースが多くなります。これは、入れ歯を支える力が「点」や「線」で歯の上部にかかるものが多い中、ミラクルデンチャーは「面」で歯の根もとから全体を包み込むように歯を支える構造になっているからです。入れ歯が歯を支え、歯が入れ歯を支えるような持ちつ持たれつといった関係です。

また、ミラクルデンチャーは、レストという、歯を上から押さえつけるフックが着いていません。全体を包み込みように偏った負担をかけない工夫がなされています。これにより、残った歯を長くもたせることに貢献するほか、見た目としても入れ歯らしいフックがないため審美的にも優れています。2カ月経過した現在も「違和感がなく、取り外しは楽にできます」と喜んでいただいています。

【経過の写真】

TEL:047-477-7059